エコツアー回遊記

東京を拠点として全国を歩き回っているピッキオ楠部が日本のエコツーリズムやピッキオのエコツアーなどについてざっくばらんに書き込みます。

ネイチャーガイドスタッフの特徴

 職業柄色々な地域でガイドツアーに参加する事が多いのですが、最近になってようやくある事実に気づく事ができました。
日本におけるガイド事業者の大半は一人もしくは家族経営で業を営む事が多いのですが、スタッフを雇っている場合、そのスタッフの特徴はボスの特徴とよく似ます。とある地域のガイドさんはボスがとても明るい為、スタッフのガイディングも笑いが中心となります。その一方で、ボスが理知的な方の場合はスタッフのガイディングもどちらかと言えば、控えめになっています。
またボスが厳しいと多少、怯えたようなガイディングになる方もいますし、その逆ですと、上から目線のガイドが現れたりもしているようです。

振り返ってピッキオの場合はどうか?私たちの場合は“劇場型”になっていてどちらかと言えば明るめのガイドが多いようです。普段とは違ったスイッチを入れるというのも特色の一つではないでしょうか?

人の育成って色々あるな~と思う今日この頃です。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/29(金) 07:32:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天候不順

 2017年の軽井沢の夏は今までにない夏となりました。
私もかなり長い間軽井沢の夏を過ごしていますが、ここまで雨が多く、寒かったのは初めてではないかと思います。
こういう時に私たちのようなネイチャーツアーは辛いところです。自然には逆らえないですね。

秋からのツアーに期待したいところです。
  1. 2017/08/26(土) 15:07:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校プログラムの季節

 7月はピッキオにとって、学校プログラムを多く実施する月です。
一般的に修学旅行は6月もしくは秋に開催されることが多いのですが、軽井沢は夏の林間学校利用が多い為、
7月が最も多くなります。来ていただく学校によって、個性がありますので、それに合わせたプログラム提供が大事だったりします。未来を担う少年たちに少しでも軽井沢の野生動物の良さを伝えられ、そんな中からピッキオスタッフになるような方が出てくれば嬉しいかぎりです。
  1. 2017/07/30(日) 18:41:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツキノワグマ捕獲

 6月も後半になってしまいました。この時期、軽井沢ではツキノワグマの捕獲が多くなります。
麻酔をかけてから醒めるまでに作業を進めないとなりませんので、スピードが要求されます。
今年も色々な意味で安全に気を付けてやっていかないとならないと思っています。
ツキノワグマ捕獲





  1. 2017/06/25(日) 22:05:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンウィークが終わって

ゴールデンウィークが終わりました。ピッキオにとっては繁忙期への突入です。これから梅雨までは鳥たちもみやすく、個人的には一番おススメのシーズンです。この時期になると、軽井沢のスタッフは夏の準備や学校団体向けのプログラム準備などに入ります。ツキノワグマも冬眠穴から移動を始めますので、監視をしていきます。
自分自身は今年については海外観光客誘致のために色々準備をしています。まずは、ウェブのリニューアルからチラシの作成、配布などを行っています。画像はキビタキです。軽井沢では年々増えているように感じます。
キビタキ・オス 
  1. 2017/05/12(金) 18:04:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ